「コッパダン」3話あらすじとネタバレ!感想も

「コッパダン」3話あらすじとネタバレ!感想も

スポンサーリンク

ここでは『コッパダン 』の3話あらすじとネタバレをご紹介していきます。

ネタバレが含まれますので内容を知りたくない方はご注意ください。

キャストの詳細やこれまでのあらすじについてはこちらを参照ください。

前回までのあらすじはこちらです。

『コッパダン 』の3話あらすじとネタバレ!

領議政(ヨンイジョン)のボンドクは刺客にケトンを始末するように命令します。しかしたまたま居合わせたフンが彼女を納屋に隠したことで事なきを得ます。

 

出典:JTBC

フンがケトンを訪れた理由は彼女をコッパダンで3ヶ月試しに雇うことを伝えるためでした。

多くの条件を出すフンに面倒になったケトンは仕事を断ろうとしますが、イ・スを探してくれるという条件でコッパダンで住み込みで働くことになります。

その頃、イ・スはケトンに会うために王宮を抜け出していました。一晩中歩きまわり、やっと街でケトンを見つけ声をかけようとしたその時、ムンソクに手を引かれます。

そして王が勝手に抜け出せば、自分たちが罰として殺されるかもしれないと伝えます。イ・スは涙を流して宮殿に戻っていきます。

スポンサーリンク

コッパダンの次の仕事は科挙に首席合格したイ・ヒョンギの結婚相手を探す仕事でした。しかしこの依頼に裏があることに気づくフン。実はイ・ヒョンギには愛する女性がいたのですが、母親がその女性との結婚を許さず、無理やり両家の娘と結婚させようとしていたのです。

フンはケトンが林で見つけた弓矢の矢尻に毒がついていることを見つけ、その出所を探していました。やっと辿りついた男はすでに行方をくらましていました。しかもケトンはその男に全財産を渡し、生き別れた兄の行方を探してくれるように依頼していたのです。

またもや不幸に陥ったケトンは泣き崩れます。

行方不明となったケトンの兄は妹を思いながら、左議政カン・モングの家で奴婢(奴隷)として働いていました。

王宮ではイ・スに言い寄り、小さな傷をつけた女官が拷問にあい殺されそうになります。心を痛めたイ・スはムンソクにどうすれば自分のまわりの者たちが傷つかないのか?とたずねます。ムンソクは何もしないことですと答えます。

 

出典:JTBC

ヨンスからケトンが怪しい男たちと一緒にいたと聞いたフンは、彼女がまた狙われているかもしれないと思い、いてもたってもいられず、彼女を探しまわります。そして宿の部屋で男たちと一緒にいるケトンの手を引き、連れ出すために自分は彼女の夫だと言います。

次話あらすじはこちらです。

スポンサーリンク