『チョコレート』韓国ドラマの8話あらすじとネタバレ!

『チョコレート』韓国ドラマの8話あらすじとネタバレ!

スポンサーリンク

ここでは韓国ドラマ『チョコレート』の8話のあらすじをご紹介していきます。

ドラマ全体の概要やキャストについてはこちらをチェックしてくださいね。

『チョコレート』8話あらすじとネタバレ

 

ジュンは初恋の相手であるヒジュが自殺未遂をしたことがショックでもある一方、彼女の行為が許せません。

そして時間を見つけては過ごしていた、唯一心が安らげる陶芸の作業場に鍵をかけ、燃える釜の中に投げ入れるのです。

 

その頃、チャヨンはある女性から付き添っている家族がご飯を食べないと相談されていました。

この女性(ヨンスン)と、ホスピスに入院している患者(スクチャ)はちょっと不思議な関係なのです。

患者は結婚したものの、子どもが出来なかったため、夫が愛人に子どもを産ませるのを容認。そしてこの愛人は通常だったら敵対関係になるような男性の妻を慕い、ずっとくっついて、身の回りの世話をしているのです。

彼女はスクチャが好きな野イチゴの餅を作ってくれるようにチャヨンに頼み、これから山に採りに行ってくると言います。

 

チャヨンは心配してついて行きますが、そこでヨンスンは毒蛇に噛まれてしまいます。

携帯の電波が悪いため、チャヨンは人を呼びに山を急いでおりますが、途中で足を滑らせ急な斜面から転落し、そのまま気を失ってしまいます。

結局、蛇に噛まれたヨンスンは病院の関係者に見つけられ、ことなきを得たのですが、チャヨンは行方不明のまま…

 

それを知ったガンは身の振り構わずに暗い山の中へチャヨンを探しに行き、倒れている彼女を見つけます。

幸いにも大した怪我はしていなかったチャヨンですが、ガンは心配のあまり

「僕がどんなに心配したか…」と彼女を怒鳴るのでした。

 

チャヨンへの気持ちがコントロールできなくなってきて、悩むガン。

 

ある日は亡くなった患者を想って一人屋上で泣いているチャヨンをそっと見続け、何を思ったのか

スポンサーリンク

「ギリシャに帰るなら早くした方がいい」と言ってしまうのです。

気持ちに自信がなくなってきて遠ざけたいんでしょうね。チャヨンはそんなこと言われてびっくりしていましたが。

 

自殺未遂をしたヒジュの病室には医師である夫が見舞いにきていました。

ガンはヒジュを診察してある不審点を見つけます。

それ以上診察させようとしない、医師である夫を不審に思って、ヒジュのカルテを取り寄せます。

ガンは主治医である女医に面会して確信します。

実は夫とその女医は不倫関係にあり、妻の病気をわざと手術しないで悪化させ殺そうとしていたのです。

結局、愛人と夫は殺人未遂で逮捕されることに。

 

こ、怖いですね。

しかしヒジュはホスピスから出て、治療するための手術を受けれることになります。

ジュンはヒジュの夫を殴り、警察に連行されます。

 

6話で再婚して出て行った母親に誕生日プレゼントを届けに行った、8歳の男の子ジヨンが危篤状態となりました。

再婚して暴力を振るわれていた母親は男と別れ、病院の調理場で手伝いをしながらジヨンに寄り添っていました。

記憶が低迷するジヨンにガンが優しく話しかけます。

そしてジヨンは静かに息を引き取るのです。

 

『チョコレート』9話あらすじとネタバレはこちら

 

スポンサーリンク