「里のMUJI みんなみの里」無印良品へ行ってきた!カフェメニューやイチゴ狩り情報も

「里のMUJI みんなみの里」無印良品へ行ってきた!カフェメニューやイチゴ狩り情報も

スポンサーリンク

ここでは無印良品が手がける道の駅「里のMUJI みんなみの里」へ実際に行ってきたレポート、そしてカフェメニューや、イチゴ狩り情報をご紹介していきます。

 

里のMUJI みんなみの里

「里のMUJI みんなみの里」無印良品へ行ってきた!

「みんなみの里」とは?

「みんなみの里」とは無印良品が手がけた南房総にある道の駅です。

「みんなみ」とは古い言葉で南を表していて、この施設は「南の里」という意味なんですね。

「里のMUJI みんなみの里」の施設は?

「里のMUJI みんなみの里」はいくつかの施設から成り立っていました。

それぞれの施設について詳しく見ていきましょう。

開発工房

里のMUJI みんなみの里

こちらはキッチンで私たちが行った時は使われていませんでした。

何かイベントなどで使用するのでしょうか?

無印ショップ

 

鴨川の田園風景が広がる場所に、かなり充実した「無印ショップ」です。

衣類から、食品、化粧品、文具までなんでも置いてありました。

 

農作物販売

里のMUJI みんなみの里

こちらはよくある道の駅の農作物販売所です。カフェと同じ建物内にあります。

ただ、ディスプレイがおしゃれでなんだかとっても美味しそうなんですよ。

私たちは3時すぎくらいに行ったのですが、農作物は結構売り切れのものも多かったです。

 

里のMUJI みんなみの里

外では植木や野菜の苗なんかも購入できます。

多目的スペース(ブックショップ)

里のMUJI みんなみの里

農産物コーナーの隣には多目的スペースが。

真ん中にちょっとしたスペースがあるので、ここでイベントなどが行われるのですかね?

子どもの絵本がとっても充実していました。

カフェ

里のMUJI みんなみの里

このカフェがとってもおしゃれでした。

席はテーブル席と、写真のカウンター席。

席を取ってから、料理の注文をします。カードも利用できましたよ。

電源もあるので、PCで作業している人もちらほら見かけました。

里のMUJI みんなみの里

カフェの外にもテーブル席があります。

どうですかこの景色。

里山といった感じでとても素敵です。

「里のMUJI みんなみの里」の場所や行き方は?

「里のMUJI みんなみの里」は観光地から離れた結構わかりずらい場所にあります。私たちは鴨川の海側からいきましたが、駅からも10kmあるので、結構遠く感じました。

お出かけの際はぜひ場所をきちんとチェックしてから行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

 

  • 住所:〒2960112 千葉県鴨川市宮山1696番地
  • 電話:04-7099-8055
  • 営業時間:09:00~19:00

 

 

 

電車で行く場合は、JR鴨川駅下車で鴨川日東バス「みんなみの里」下車すぐ、または「長狭中前」下車徒歩5分だそうです。

 

「里のMUJI みんなみの里」のカフェメニューは?

カフェのメニューはシーズンで変わるようです。

現在は冬メニューみたいですね。

私たちが行った時はこんな感じでしたよ。

とっても美味しそうだったのですが、お昼ご飯食べた後だったので、デザートだけ頼みました。

里のMUJI みんなみの里

トイレにちょっと行って戻ってきたら、ほぼ食べ尽くされていたので残骸の写真ですが。

と、思ったら公式インスタグラムにチーズケーキ以外の写真がありました。

どのケーキもかなり美味しくて、娘におかわりを頼まれたくらいです。

私はチーズケーキを頼みましたが、ずっしり重めで濃厚。

ケーキに添えてある生クリームも絶品でした。

旦那が食べたアップルタタンはケーキというよりアップルを楽しむ感じです。

 

View this post on Instagram

【Café&Meal MUJI】冬メニューが始まりました – デザートで一番人気の焼きプリンは、本和香糖を使用したやさしい甘さが楽しめる、昔ながらのしっかりとしたプリンです。 – タルトタタンは、青森産の紅玉りんごを自家製のキャラメルソースで絡め、黄金色になるまでじっくりオーブンで焼き上げました。 一般的にタルトは生地を敷いて、中に果物やクリームなどを詰めて焼きますが、Café&Meal MUJIのタルトタタンはりんごを敷いて、その上に生地をかぶせて焼くのが特長です。砂糖とバターを加えたりんごを下にして焼くことで、りんごがキャラメリゼされ独特の香ばしさが生まれます。 – ガトーショコラは少しビターなベルギー産のクーベルチュールチョコレートを使用した濃厚な味わいのチョコレートケーキ。ふんわり、しっとりとした食感とくちどけの良さが特長です。 – ご紹介したデザートは、店内で一つひとつ丁寧に手づくりしています。 ぜひCafé&Meal MUJIの店舗へお立ち寄りください。 – – #CaféandMealMUJI #CaféMUJI #無印良品 #MUJIカフェ #冬メニュー #冬 #タルトタタン #プリン #ガトーショコラ #デザート #ケーキ #スイーツ

A post shared by MUJI無印良品 (@muji_global) on

 

いくつかの料理の写真が公式インスタグラムに載っていました。

房総といえば、イノシシやシカが結構いるのですが、イノシシ肉のカレーを普通のカフェで食べれるところってそうないですよね。

今度行ったら試してみたいなと思います。

View this post on Instagram

【Café&Meal MUJI】無印良品週間限定「ジビエカレーセット」 – 12月14日(土)~12月25日(水)に期間限定で販売します。 猪肉が本来持つ甘さと旨みをさらに生かせるようにひき肉にし、スパイシーなキーマソースで煮込んで芳醇な香りと深みのある味に仕あげました。 – 猪は餌が少なくなる冬場の前にたくさん食べることで、秋冬に脂肪がつきます。ぼたん鍋などは脂の旨みが合うので冬の猪が向いています。季節によって変わる肉質の変化に合わせて焼く、煮込む、鍋にするなど、さまざまな楽しみ方ができるのもジビエならではの魅力です。 日本でもジビエの価値を広め、牛・豚・鶏と並んで鹿や猪を選択してもらえるようにしていきたいと、Café&Meal MUJIでは考えています。 – 皆さまのご来店をお待ちしています。 – – #CaféandMealMUJI #CaféMUJI #無印良品 #無印良品週間 #MUJIカフェ #カフェタイム #ジビエ #ジビエ肉 #猪肉 #豚肉 #ジビエ料理 #ジビエカレー #カレー #カレーライス #キーマカレー

A post shared by MUJI無印良品 (@muji_global) on

 

 

「里のMUJI みんなみの里」のイチゴ狩り情報

どうやら「里のMUJI みんなみの里」ではイチゴ狩りもできるようですよ。

ただ、今年はどこのイチゴ狩り農園もそうですが、台風の影響を受けて、発育が遅かったり、規模を小さくしているところが多いようです。

イチゴ狩りを希望される方は、開催されているか出発前に一本電話を入れて問い合わせておくといいですね。

料金:30分食べ放題
・~2/29   4歳以上 1,800円 / 3歳以下 900円
・3/1~3/31  4歳以上 1,600円 / 3歳以下 800円
・4/1~5/6  4歳以上 1,400円 / 3歳以下 700円品種:女峰・章姫(2020年2月15日現在の情報)

 

 

 

スポンサーリンク