ボリス・ジョンソンの職歴や公約は?結婚や子どもについても調べてみた

ボリス・ジョンソンの職歴や公約は?結婚や子どもについても調べてみた

スポンサーリンク

7月下旬に決定するイギリスの時期首相ですが、ボリス・ジョンソン がかなり優位とされています。

そこで今回はそのボリス・ジョンソンの職歴や公約について調べてみたいと思います。このボリス・ジョンソン、アメリカのトランプ大統領とも友人で、寝グセ、自転車好き、そして数多くの失言とちょっと変わった側面からも注目されています。

ボリス・ジョンソンの職歴は?

https://twitter.com/BackBoris/status/1138848858056929282

上流階級出身のボリス・ジョンソンがロンドン市長だったことは有名ですが、実はその前に政治とは無関係のある職業についていました。その前に簡単にプロフィールもチェックしておきましょう。

ボリス・ジョンソンのプロフィールは?

  • 名前:ボリス・ジョンソン
  • 生年月日:1964年6月19日(2019年6月14日現在で54歳)
  • 出生地:アメリカ・ニューヨーク
  • 出身大学:オックスフォード大学

出生地はアメリカのニューヨーク州。そのため、ボリス・ジョンソンはイギリスとアメリカの二重国籍を2017年まで持っていたようです。

2017年というと、ロンドン市長や大臣を勤めていた頃に二重国籍。日本でもそんな人が話題になっていましたね。

今ではアメリカ国籍を捨て、イギリス国籍のみとなっています。

ボリスジョンソンの職歴を詳しくみてみる

ロンドン市長となる前のボリス・ジョンソンの職業はなんとジャーナリストだったんです。厳密にいうと政治家となる前に一番長かった職業。そこで大学卒業後から順にまとめてみました。

1987年:大学卒業後コンサルティング会社に就職するも退屈で一週間で退職

「タイムズ」の記者となるもある記事が問題となり解雇

1989年から1994年「デイリー・テレグラフ」の特派員

2001年から庶民院議員を2期務める

2008年から2016年までロンドン市長

2016年からは外務・英連邦大臣

 

退職や解雇など優等生タイプではなかったようですが、歯にものを着せない彼の記事は賛否両論あるもののいつも話題になったようです。

あのゆうめいなマーガレットサッチャーもと英国大首相も愛読者だったとか…

ボリス・ジョンソンがイギリス首相になったときの公約は?

速やかなEUからの離脱

EUとの合意の有無にかかわらず早急に離脱することを公約しています。タイミングは2019年の10月31日といった具体的な日付も出ています。

大幅な所得税の減税公約

年収約690万円以上の中高所得者層を対象に、年間約1兆3200億円の所得税減税を行うと公約しています。これはアメリカ現大統領のトランプが行なっているもので、イギリス経済を活性化させる狙いがあります。

スポンサーリンク

ボリス・ジョンソンの結婚や子どもは?

この点に関しては調べてみましたがかなり複雑です。

箇条書きにして説明していきたいと思います。

1987年−93年:大学卒業後アレグラ・モスティン=オーウェンと結婚し93年に離婚

1993年:幼馴染のマリーナ・ホイーラーと再婚し4子をもうける

2000年以降:『スペクテイター』の記者と恋愛関係にあり2度妊娠させていた(1度は流産、1度が中絶)

2009年:芸術コンサルタントのヘレン・マッキンタイアとの間に女児をもうける

2018年:マリーナ・ホイーラーと離婚

2019年:24歳年下で現在30歳のキャリー・シモンズと同棲を開始

ということでかなり恋多き男であることがわかりますね。

子供は全部で5人。最年長の娘は25歳で現恋人のキャリーシモンズとは5歳しか違いません。

ボリスジョンソンの歴代妻とガールフレンドの写真も

最初に結婚したアレグラ・モスティン=オーウェン

 

出典:THE SUN

4子をもうけた幼馴染のマリーナ・ホイーラー

出典:THE SUN

4年間不倫していたとされる「スペクター」の記者ペトロネア・ワイアット

 

出典:THE SUN

女児を設けた芸術コンサルタントのヘレン・マッキンタイア

 

出典:THE SUN

24歳年下の現ガールフレンドのキャリー・シモンズ

 

出典:THE SUN

ボリス・ジョンソンは自転車好き

ボリス・ジョンソンは自転車好きでも有名です。

職場へはもちろん自転車通勤、酷い渋滞が問題視されているロンドンに自転車のシェアリングシステムを導入したのも彼です。この公共自転車「ボリスバイク」の愛称で親しまれているんだとか…

ボリスジョンソンは寝癖がいつも話題に…

 

出典:FNN

ちょっと見た目トランプ大統領とも似ているボリス・ジョンソンですが、寝癖がいつもついていることでも話題です。

たしかに、日本の政治家で考えると寝癖がいつもついている人いないですよね。

強気な姿勢や発言に寝癖と、このアンバランスさも国民から人気を得ている理由なのかもしれません。

まとめ

友人のトランプ大統領からも「良いイギリス首相になる」とお墨付きをもらっているボリスジョンソンですが、ここにきてさらに支持率を伸ばしています。

結婚歴や不倫の数など日本の政治家ではちょっと考えられないですが、ここはイギリス的には問題なしといったところなのでしょうか?

第二次世界大戦時の首相ウィンストン・チャーチルの再来とも言われイギリス国民から絶大なる人気を得ているボリスジョンソン、7月下旬まで注目ですね。

スポンサーリンク