『青春の記録』の2話あらすじとネタバレ!感想も

『青春の記録』の2話あらすじとネタバレ!感想も

スポンサーリンク

ここでは『青春の記録』の2話あらすじとネタバレをご紹介していきます。

ネタバレが含まれますので内容を知りたくない方はご注意ください。

キャストの詳細やこれまでのあらすじについてはこちらを参照ください。

1話あらすじはこちら

『青春の記録』の2話あらすじとネタバレ!

先輩に不本意なことで怒鳴られたジョンハは落ち込み廊下で泣きます。

そんなジョンハを気遣い追いかけたヘジョンは彼女の携帯の画面が自分の写真であることに気がつき、「君は僕のファンなの?僕のことが好きなの?」と尋ねるのです。

ジョンハは恥ずかしさのあまり、ヘジョンではなく、一緒にうつっているヘヒョのファンだと言います。話しのやりとりから同じ26歳とわかった二人は打ち解け、敬語を使うのをやめ友人となり、電話番号を交換します。

ショーの後、デザイナー・チャーリーに呼び止められるジョンハ。実は彼、ジョンハにずっと想いを寄せていたのです。5年前自宅に呼んで一度断られたものの諦めきれず、今のジョンハの境遇をみて、俳優として成功させてやるので、自分の想いを受け止めるようもう一度考え直して欲しいと言ってきました。

ヘヒョは映画のオーディションに合格したことを母親から告げられます。これつまり、へジョンが落ちて兵役につくということです。複雑な気持ちのヘヒョ。

スポンサーリンク

オーディションに落ちたことを知ったヘジョンは落ち込み家に帰ります。待っていたのはねぎらいの言葉ではなく父親と兄の自分に対する否定的な言葉でした。祖父がそんなへジョンをかばい、家族で言い争いとなります。

その晩、へジョンは俳優となる夢を諦めて兵役につくことを決意します。

翌朝、前の事務所のイ・ミンジェに呼び出されたヘジョンは海外のデザイナーから指名がありモデルの仕事が入ったことを告げられます。イ・ミンジェも事務所の社長の横暴さに呆れて退職したのです。

来月兵役につくのでモデルは引退すると告げるヘジュンでしたが、飛行機も予約してしまったと説得され海外へと旅立ちます。

ショーが終わり帰国したヘジョンにイ・ミンジェは彼が特別な才能を持っているので夢を諦めないで欲しいと言います。そして映画のオーディションも監督はヘジョンを押していたが、ヘヒョのSNSのフォロワー数の方が多かったため、知名度で負けたと…

複雑な気持ちのへジョン。

その後、ジョンハの店に訪れたへジョンは彼女に自分の髪の毛にバリカンを入れてくれと頼みます。そして冗談だと思っているジョンハに「入隊する!」と告げます。

 

才能があっても後ろ盾がないとこうも違うものなのですね。芸能界厳しい…。ヘヒョのSNSのフォローワー数は母親が彼の知らないところお金で購入したものです。自分の力で成功したいと頑張っているヘヒョが知ったらどうなるんですかね?これからの展開ますます目が離せなそうですよ。

 

次話あらすじはこちらです。

スポンサーリンク