「王宮の夜鬼」韓国映画のあらすじとネタバレ!口コミ 感想やキャストも

「王宮の夜鬼」韓国映画のあらすじとネタバレ!口コミ 感想やキャストも

スポンサーリンク

ここでは韓国映画『王宮の夜鬼』のあらすじやネタバレ、キャストや韓国での評判についてご紹介していきたいと思います。

「王宮の夜鬼」のあらすじ

あらすじとネタバレ

こちら詳しいあらすじでネタバレも含まれていますので内容を知りたくない方は注意してください。

 

時は朝鮮時代、清でお気楽に暮らす王子イ・チョン(ヒョンビン)の元に世子(王位継承である皇太子)である兄の訃報と親書が届きます。

世子は、父王や私利私欲を肥やす重臣たちのために民が苦しんでいるのに我慢ならず、それを正そうとしたところ、謀反の罪を着せられ仲間を守るために自害したのです。

親書は残してきた身重の皇太子妃を救出して清に連れて行って欲しいといった内容でした。

 

王座や政治に全く興味のない王子イ・チョンでしたが亡くなった兄からの最後の頼みということで仕方なく朝鮮に戻ることに…

 

朝鮮に帰国した王子イ・チョンを待ち受けていたのは、感染すると人の生き血を吸う「夜鬼」に変貌する伝染病が蔓延する自国でした。

港町 済物浦(チェムルポ)で夜鬼に襲われ、王子イ・チョンの危機一髪のところを救ったのが、かつて世子の部下であったパク従事官でした。

生き残った民から済物浦に軍を送って欲しいと懇願された王子イ・チョンは王宮に戻ることに。

 

王室では王の重臣であるキム・ジャジュン(チャン・ドンゴン)が国家転覆を目論み、夜鬼を使ってクーデーターを企てていました。

キム・ジャジュン(チャン・ドンゴン)は王を抹殺するために、お気に入りの側室を夜鬼に感染させ、王の元へ送り込んだのです。

何も知らない王は、夜鬼となった側室に噛まれ、感染します。

 

王宮に戻ってきた王子イ・チョンに命だけは助けてやるから清に戻るようにと、敵対心をあらわにする重臣ジャジュン。

 

出典:Kstyle

 

その夜、清からの使者をもてなすための宴が王宮で行われます。

感染した王はその宴の場で夜鬼に変貌し、ジャジュンに刀で始末されます。

王宮はクーデーターを起こすためにジャジュンが解き放った夜鬼が人を噛んでは増殖し続けています。

王宮を出て街に感染が拡がれば手がつけられなくなり朝鮮は滅亡するでしょう。

 

王座に全く興味がなく、すぐにでも清でのお気楽な生活に戻りたいと思っていた王子イ・チョンでしたが、朝鮮を守ろうと命をかける仲間や部下たちを見るうちに心の中に何かが芽生えてきます。

そして決戦の夜、王子イ・チョンは群がる夜鬼だけでなく、絶対的な悪キム・ジャジュンとも対峙することに…

 

予告動画もチェック!

違うバージョンも…

「王宮の夜鬼」公式サイト

 

「王宮の夜鬼」のキャスト

ヒョンビン(王子 イ・チョン役)

出典:公式サイト

清に送られ青年期を過ごす。

王位継承には全く興味がなく、兄である世子の親書で朝鮮に戻ってきたものの、役目を終えたらまた清に戻りお気楽な生活を送りたいと思っている自由奔放な王子。

その反面、清の戦に王子という肩書きなく参戦し、いくつもの勝利と名声を収め戻ってきた長剣の使い手でもある。

チャン・ドンゴン(王座を狙う側近 キム・ジャジュン役)

出典:公式サイト

王の側近であり絶対的な権力者。

夜鬼を利用し、イ一族(王族)を根絶やしにして新しい朝鮮を作ろうとクーデーターを企だてている。

チョ・ウジン(パク従事官役)

出典:公式サイト

つかえていた世子は狂気の王の悪事を止めようとしたため自害。

武官から反乱軍の首謀者となってしまいます。夜鬼を撲滅するために命をかけて戦い、チョン王子と行動を共にすることに。

 

チョン・マンシク(ハクス役)

出典:公式

イ・チョン王子の忠臣で清から共に帰国した。立派な朝鮮の王子になるようにあれこれ世話をする。

イ・ソンビン(トッキ役)

出典:公式サイト

パク従事官の妹で弓の名手。

キム・ウィソン(王 イ・ジョ役)

 

出典:公式サイト

朝鮮の王。

スポンサーリンク

キム・ジャジュンに操られ、民を試みない残念な王に。

息子である世子に自害され、誰も信じられなくなっている

 

キャスト紹介の動画を見つけたので貼り付けておきます。

 

 

「王宮の夜鬼」の口コミと感想!

口コミ評判は?

ゾンビ映画といってもそれだけじゃない!

ストーリー性やアクションなどかなり評判がいいようです。

 

 

私が実際に視聴した感想?

ここからは私が実際に視聴した感想です。

結論からいうと、賛否両論はあるようですが私的にはおすすめできるエンターテイメント的な作品でした。

それにしても最近の韓国のゾンビ物はすごい迫力ですね。

最近ではアメリカの「ウォーキングデッド」がヒットしたこともあり、ゆっくり動くゾンビが主流でしたが、韓国のゾンビはとにかく動きが早く、気を抜く暇もありません。

映画という2時間の限られた中に王座を巡る陰謀と、夜鬼に変身する謎の疫病。

そして王位や民にも全く関心のない、いい加減な王子の心の変化や成長が詰め込まれている盛りだくさんの作品で退屈しません。

普段はいい人感の漂うチャンドンゴンの演じる重臣ジャジュンの絶対悪、口数が少なく真面目そうなヒョンビンが演じるチャラチャラとした王子だけれど長剣の達人というギャップ感にも魅せられます。

内容的には今話題の韓国ドラマ「キングダム」とほぼ同じですが、あちらがストーリ要素でみせるなら、こちらはアクション部分でみせるといった感じです。この映画が好きな方は「キングダム」もぜひ視聴してみてください。

 

 

映画のメイキング映像も公開されていました。ヒョンビンの剣さばきが素晴らしくカッコよかったのですが、撮影前にこんなにトレーニングしていたんだとわかってちょっと感動しました。また大勢のゾンビとのシーン、撮影も大迫力です。

 

「王宮の夜鬼」の視聴方法

王宮の夜鬼の視聴方法は動画配信サイトまたはDVD/Blu-Rayとなっています。

アマゾンプライムでレンタル可能です。

アマゾンプライはこちら

 

 

 

スポンサーリンク