ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』の最後結末は?原作漫画と映画の違いは?

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』の最後結末は?原作漫画と映画の違いは?

スポンサーリンク

『僕の初恋をキミに捧ぐ』公式サイト

ここでは2019年1月にテレビ朝日系でスタートする『僕の初恋をキミに捧ぐ』のあらすじやキャスト、そして原作や映画版での結末についてご紹介していこうと思います。

僕の初恋をキミに捧ぐ』のあらすじは?

僕の初恋をキミに捧ぐ』は漫画が原作で既に映画化されている

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』は累計発行部数800万部の漫画を原作とした実写版です。

2009年に井上真央岡田将生主演ですでに実写映画化されていて、興収20億円を超える大ヒットとなっています。

映画上映から10年、満を持してのドラマ化といった感じでしょうか?

ちなみにこの作品、実は『僕は妹に恋をする』のスピンオフ作品なんですね。

どちらの作品も映画化ってすごいですよね!

映画版『僕の初恋をキミに捧ぐ』の視聴方法についてはこちらの記事でご紹介しています。合わせて読まれることをおすすめします。

原作漫画をお得に読む方法はこちらの記事で紹介しています。

僕の初恋をキミに捧ぐ』のあらすじは?

逞(たくま)は生まれながらに心臓に問題を抱えていて幼い頃は入退院を繰り返していました。

そんな時に出会ったのが主治医の娘である繭(まゆ)。ある日四つ葉のクローバーを見つけた2人は願い事をします。

逞の願い事は「大きくなったら繭をお嫁さんにすること。」

そんな中、繭は逞の心臓病がかなり悪く20歳までには生きられないだろうことを偶然聞いてしまいます。

時は流れ2人は中学生、相変わらずいつも一緒です。しかしあることをきっかけに逞は自分には限られた時間しか残されていないことを知ってしまいます。

そのことを繭に悟られないように、自分が死んでしまうことで悲しませないように、逞は別れを決心し繭を冷たく突き放し全寮制の高校に入学します。

繭はとうの昔にそのことを知って、影で涙しながらも逞が助かる方法を探しながらずっと寄り添っていたんですけどね…

高校入学式当日、逞は彼を追って入学してきたそこにいないはずの繭を見つけます。

なんだかんだあって2人はまた付き合い始め、幸せな時間がしばらく続きますが逞の心臓はどんどん悪化していきます。

そんな時に心臓移植をするためのドナーが現れます。しかしそのドナーというのは不慮の事故で脳死状態となった2人の共通の友人である昇だったのです…。

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』のキャストは?

野村周平(逞/たくま役)

https://www.instagram.com/p/BrxgDTvnw3y/

 

1993年生まれの日本の俳優です。母親が中国人とのハーフということもあって中国語と日本語を話せるバイリンガルです。

英語を話せる芸能人は多いですが、中国語って難しそうなのにすごいですね。

そして彼の芸能界に入る前の経歴が少し変わっています。なんとスノーボード選手で数々の大会で受賞するほどだったようですよ。

今までに出演した映画やドラマは数知れぬ、つまり書ききれないほどです。

今や日本の若手俳優を代表する1人となっています。

桜井日奈子(繭/まゆ役)

https://www.instagram.com/p/Brm2Darnr5h/

 

岡山県出身で1997年生まれの日本の女優/モデルです。

2014年に開催された『岡山美少女・美人コンテスト』で見事優勝したのをきっかけに芸能界入りしています。ちょっと笑えるあだ名は『岡山の奇跡』なんだそうです。

清純そうな雰囲気が一生懸命で健気なこのドラマのヒロインにぴったりです。

スポンサーリンク

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』の放送日時は?

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』の放送日時はこちらです。

  • 放送チャンネル:テレ朝
  • 放送開始日:2019年1月19日スタート
  • 放送時間:毎週土曜よる11:15~

よる11:00〜と少し遅い時間に開始ですが、土曜日ですから問題ないですね。

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』の主題歌はなんとディーン・フジオカ

映画版では平井堅が主題歌をプロデュースしていましたが、ドラマ版はなんとあのディーン・フジオカです。

曲名は「Maybe tomorrow」らしいですが、まだ視聴できるところはないようです。

映画版では平井堅の悲しいメロディーがストーリーを盛り上げていきましたがドラマ版はどんな感じになるのでしょうか?

今から楽しみですね。

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』の公式サイト

ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』の公式サイトはそれぞれこちらです。TwitterやInstagramはこれからどんどん写真や情報がアップされて盛り上げっていきそうです。

僕の初恋をキミに捧ぐ』公式サイトはこちら

僕の初恋をキミに捧ぐ』公式Twitterはこちら

僕の初恋をキミに捧ぐ』公式Instagramはこちら

僕の初恋をキミに捧ぐ』原作、映画版でのそれぞれの結末は?

映画で既に実写化されている『僕の初恋をキミに捧ぐ』ですが、原作の漫画と映画版でも結末が違います。

というのも原作の終わり方が実に曖昧なんですね。作者の青木琴美さんは「伝えたかったのは結末ではなく過程」だったそうで、ラストは読者の想像次第といった感じになっています。

 

ここからは原作漫画と映画の結末ネタバレとなっています。知りたくない方はご注意ください。

僕の初恋をキミに捧ぐ』原作の結末は?

心臓移植を諦めた逞が生き残るために残された道はただ一つ。

それは世界で成功症例が1件しかない難しい心臓手術でした。逞はその手術を受ける決心をして、繭の家に向かい彼女の両親に結婚の承諾をえます。

病室で身内だけでひっそりと結婚式を挙げた2人。手術の朝、逞は繭に一つの小さな箱を渡します。

それはもし自分に何かあったときのための微笑んだ顔の遺影と遺書。

そして手術室に入っていく逞…

ラストは逞から渡された箱を開けて泣く繭の姿や、心電図、そして2人がクローバー畑で子供と一緒にいるシーンと続きます。

逞の手術は成功したのか?最後の2人の未来のシーンは現実なのか、彼の夢なのか読者の取り方次第といった感じで終わっています。

『僕の初恋をキミに捧ぐ』映画版の結末は?

心臓移植のドナーが友人の昇であることを知った逞は心臓移植を断ります。そして昇の母も取り下げます。

そんな中、逞の状態が悪化していきます。

奇跡的に一時的に回復した逞は繭とこっそり出かけて思い出作りをしますが、再び倒れます。

昇の両親に心臓を移植させて欲しいと頭を下げる繭。

でも昇の母は「ごめんなさい」と謝るばかりで承諾してくれません。

結局そのまま逞は回復することなく逝ってしまいます。

ラストシーンは遺骨を抱えた繭がウエディングドレスで教会にいる姿です。

まとめ

原作漫画の曖昧な結末なので、ドラマではハッピーエンドになる可能性も決してないとは言い切れませんよね。

ただのサッドエンドのラブストーリではなくそれ以上の何かを心に残してくれると評判の『僕の初恋をキミに捧ぐ』。

1月からのドラマスタートが楽しみですね。

スポンサーリンク